清水 竜馬

     
 

清水 竜馬

社長室・人事部

(1) あなたにとってユナイテッド・ビジョン(ジパング)のカルチャーはどんなもので、どう影響していますか?

 

ジパングにいて感じることは主に2つあります。

 

まずはビジョンとカルチャーをしっかり示すことの大事さです。

 

ビジョンや目標だけでは、

それに対して達成か未達成なのかを時に意識しすぎて

プロセスを楽しむ事や、一緒にやってる仲間との関係性が

損なわれる事があります。

 

自分自身も、成績や売上のために一人で走ってしまったり、

価値観が違って職場を離れる経験をしたことがあります。

 

それと反対に、

繋がりや互いの違いを理解することを大切にするあまり、

成長や達成感の部分でどうしても自分を変化させたい気持ち

が上回り自ら環境を変える選択をしたこともありました。

 

このバランスをうまく取るために

向かうビジョンと、プロセスでの価値観をカルチャーという形で

しっかり示していることは、実際に仕事をしていて

とても心地よいものであると実感しています。

 

もう一つは、

そのカルチャーさえも変化していくことと、

この場所に自分の選択でいるという、ハンドルを握っている

感覚です。

 

 

(2) ユナイテッド・ビジョン(ジパング)が、他社と違うとところ、独自性を感じるところは?

 

最高のいいとこどりを常にしている感じがします。

昔、WEBの勉強がしたいと言ったときに

あきらさんが「モデリング」って言う言葉を教えてくれました。

 

「自分がいいと思うサイトをマネして練習してみるといいよ」

ってことです。

 

その後、ビジネスはマネをしてもいいということも学びました。

 

良いデザインや良いビジネスだけではなく、

良い文化、良い仕組みづくり

 

目指すビジョンやカルチャーを達成するためなら、

昨日までのやり方も変えるつもりの

本気のいいとこどりをしているなって思います。

 

だから社員に任せる事も、

社員のアイディアを起用する事も

とにかく早いです。

 

あきらさんの独創的な直感力と、

そこから出来上がったビジョンとカルチャー

 

達成するためのいいとこどり力が

そのまま会社の魅力だし独創性だと思います。

 

 
     

メンバー一覧