中村 裕美

     
 

中村 裕美

制作・総務

(1) あなたにとってユナイテッド・ビジョン(ジパング)のカルチャーはどんなもので、どう影響していますか?

ジパングは…

遊園地やリゾート地みたいな、

「高揚感」と「開放感」、「安心感」と「落ち着き」…など特別に

とっておきたくなるような時間を

日常に感じることができるような場所。

 

たとえば、

ひとつ注文が入るごとに、みんなで喜び合ったり、

感動を生み出したメンバーひとりひとりを心から祝ったり、

お客さんのお叱りの言葉ひとつひとつを、

みんなで真剣に受け止めて、改善をはかったり。

 

毎日起こる、ひとつひとつの、小さな出来事を

ほんとうに大切にしている人の集まりだと思います。

 

こんな一見、「仲良しグループ」で終わりそうな私たちが

「単なる仲良しグループ」と違うのは、

メンバーひとりひとりが、

「自分に何ができるか」「できることの最善はなにか」を念頭に

いつでも居てくれていること、

そしてみんなそれぞれに個性と力を発揮できる「出番」を持っ

ていることだと思います。

 

おかげ様で

ほおっておくと、単独プレーで爆走しがちな私が

仕事をみんなで分かち合ったり、まるっと任せて、

スペースを作ることができて、

新しいことに取り組んだりができているな~と思います。

 

 

(2) ユナイテッド・ビジョン(ジパング)が、他社と違うとところ、独自性を感じるところは?

人と人のつながりを強く感じて、一体感を感じるところ。

一方で、同一化や画一化を感じなく、

むしろ多様化を歓迎していること。

 

ちぐはぐに見えて、ひとりひとりの個性や役割が、

しっくりとかみ合って、共存していること。

 

そのことで、変化・成長がものすごく速くって

その速度をみんなが歓迎していること。

 

歓迎できなくても、受け入れて、楽しんでいてくれていること。

 
     

メンバー一覧