ユナイテッドビジョンについて

ジパング・カルチャーブック

はじめまして!中村あきらです。

ジパング・カルチャーブック2012へようこそ。
僕らのことをよく知らない人で、この本に出会った人は、
「これはいったい何だ!?」と戸惑ってしまう人もいるかもしれませんね。
僕らは家具のネット通販をしている会社で、創立からまだ1年の若い会社です。

このジパング・カルチャーブックは、
僕らのカルチャー(企業文化・風土)とはどんなものかという質問を、
社員・アルバイト、ビジネスパートナー、友人に投げかけて、
それぞれから送ってもらった言葉を集めた本です。

国や地域の文化が、そこにいる「人」によって作られるように、
ジパングの文化も、この本に登場するみんなが作り上げてきたものです。
僕らの「ジパングカルチャー」について知ってもらうために最良な方法を考えたときに、
文化を形作っている一人一人の声を聞いてもらうことだと思い、この本を作ることになりました。

ビジネスをする上で、僕らは何よりも「企業文化/ジパングカルチャー」を大切にしています。
それは、仕事の枠を超えて人生を共有したいと思えるほど、
価値観のあう仲間とともにサービスを提供することが、
僕らのビジョンへの近道だと確信しているからです。

ジパングのビジョンは、「世界一のカスタマーサポートセンターを創る」というものです。
世界一のカスタマーサポ―トとは、出会うお客さんの数で世界一になりたいという「量」だけではなく、
一人一人のお客さんと、まるで親友にむけた応対をするような、
「世界一心のこもった」コミュニケーションを生むサポートです。

そんな「世界一のカスタマーサポート」がどんな環境・文化のもとに生まれるだろう、と考えた結果、
それは「一緒にいて居心地がいい」「一生付き合っていきたい」と思えるような人の集まり――だったのです。

僕らはこの企業文化を飾り物として掲げるだけではなく、
社内でプロジェクトをするとき、社外のパートナーと協働するとき、そして新しい仲間を募集するとき…
日常から指針として活用し、そして最優先事項としています。
例えば、お客様との日々の応対が「個人的で心のこもったものか」を常にチェックします。
例えば取引先との良好な関係を常に大切に考え、
例えば、新しいスタッフを選ぶとき、候補者個人の能力や技術の会社への貢献度よりも、
ジパングカルチャーにその人が合うか、という点を大切にしています。

ジパングドットコムは現在も急成長を続けていますが、
この先もっと会社が大きくなっていった時にも、変わらず、
みんながきちんと幸せや達成感を感じられるような環境を
ずっとずっと、続けていきたいと強く願っています。
そのために、深い部分で同じ価値観を持った人とともに歩むことが必要だと思っています。

文化とは、目に見えないものです。
人それぞれ感じ方が違いますし、表現方法も違います。
個性的な人の集まりと自負する僕らの文化について、正しく、立体的に理解してもらうために、
ジパングに関わっているできるだけたくさんの人の声をあつめました。

誤字の修正以外は手を加えず、集まった言葉そのままを載せています。
少々荒削りかもしれませんが、これが今の僕らの文化です。

僕らが大切にしている人、大切にしている文化を理解してもらい、
共感の輪を広げられたらうれしいですし、
共に働きたいと興味を持っている方に、一緒に歩むかを判断する参考にして欲しい、
そんな想いをカルチャーブックにこめました。

ジパングカルチャーは、僕らがビジョンに向かって歩み続けるための土台です。
この文化を大きくしていくことが、僕らにとっての成長であり、
僕らを偉大な企業へと導いてくれる道標だと信じています。

これから、より大きく出会いが広がりますように。
そしてその中から、より多くの人と人生を共有できる素晴らしい機会に恵まれますように。

以下は、カルチャーブックを作るために書いてほしいと
仲間に依頼した時のメール文です。

みなさんの声を集めてカルチャーブックを作ろうと思っています。

【あなたにとってユナイテッド・ビジョン(ジパングドットコム)カルチャー・文化とは何ですか?】
(例、どんな人たちの集まりか、他の会社の雰囲気と比べて何が違うのか、どこが好きかなど)

これについて「個人的に」思うこと、感じることを
文章にしていただけたらと思っています。

これは外部パートナー、社員全てに書いてもらっています。
投稿者全員の原稿を一冊にまとめる予定です。

これは、採用説明会、社員、外部パートナー全員に
「私達はこんな人です!」といったメッセージを込めて配りたいと思っています。

お願いしたいのは、
個人的に思うところ、率直に思うところ(社交辞令ではなく)を
書いていもらいたい、ということです。

みなさんの言葉は、誤字脱字以外
修正せず名前と一緒にそのまま載せたいと思っています。
(名前は出さないでほしい方は、申し出てください^^)

ここに集まった人たちの個性が僕らの広さであり、
ここで行われた研修や関係性が僕らの深さだと思っています。
僕らの会社に出逢うことで
もっともっと幸せに働ける人を増やしたいと思っています。

ぜひ力を貸して頂けたら嬉しいです!

あきら